費用面を知る

お葬式の費用の傾向について

最近は簡易的な葬儀を希望する人が増えていて、工夫次第で100万円以下で葬儀をすることが可能です。 一番は参列者の数をできるだけ減らすことです。遺族だけで葬儀をすれば接待費がゼロになるため、それだけでも50万円くらいは浮きます。また、宗教に頼らず、無宗教で葬儀をすれば、お布施代をゼロにできます。 大きな金額になるのがお葬式を行う場所である斎場の使用料ですが、自社で斎場を持っている葬儀社に葬儀を依頼すれば、斎場の使用料がゼロか低料金にできます。

日本の葬儀と埋葬の歴史

葬儀は古代から行われてきた厳粛な儀式です。日本においては縄文時代に屈葬というかたちで埋葬された遺体が見つかっていることから、その時代から何らかの死者を弔う儀式が行われていたものと推測されています。 仏式の葬儀が広く行われるようになったのは室町時代になってからのことで、火葬という遺体を燃やしてから埋葬する方法も、一部の貴族や僧侶の間で浸透していきました。火葬が普及する前は土葬をするのが普通でした。お墓を作ってその下の骨壺に入れた遺骨を入れるという今では当たり前の習慣もこの頃に誕生しています。 火葬は明治時代に中止されたこともありましたが、土地不足や伝染病などの影響から徐々に根付いていき、今ではほとんどの人が火葬によって埋葬されています。